習い事をしながら家庭教師だけで中学受験しました

うちの娘は、5年生の時から、中学受験に向けて塾に入りました。1年間は週3回塾に通いながら、趣味の新体操も続けていたのですが、6年生になると、塾の日数や宿題が増えて、新体操を辞めざるを得ない状況になりました。親としては、何とか受験と新体操を続けて欲しい気持ちがあり、思いきって家庭教師をお願いすることにしました。
今までのように中学受験の情報が得られないのではないか、という不安もあったのですが、定期的に全国模試を受けることで、実力もわかり不安は解消されました。今まで通学に30分ほどかかっていたのですが、その時間も有効に使えて、苦手なところもじっくりと聞くことができたので、娘には合っていたようです。
大手の家庭教師派遣センターにお願いした先生は、若い女性の方で、娘の志望校の出身だったので中学受験の経験者で悩みなども相談でき、精神的にも支えていただきました。私は中学受験をしていないので、娘の思いがわからない部分もあり、大変助かりました。新体操も続けることができ、合格した今では、中学のクラブで元気に活動しています。家庭教師だけでは、難しいという人もいましたが、自分のペースで勉強ができたので娘には良かったようです。子供さんにとってどのような勉強法が良いのか、選んであげることが大切なのかもしれません。